ベビ待ち体質改善、どんなのやってた?妊活口コミ体験談

とにかく温めて!

ひまわりさん(20代後半)

お風呂

 

結婚をして、半年を過ぎたころから子供が欲しくなり、任活を始めました。
しかし、中々うまくいきませんでした。私は、冷え性だったので、とにかく温めることに気を付けました。

 

・ぬるめのお風呂で半身浴をなるべく心がけました。・・・比較的やりやすいと思います。リラックスして入ることがポイントだと思います。
・冷温を交互にするものに挑戦しました。冷水シャワーを首の後ろから当てて、次に温かいお風呂に入るというのを繰り返します。・・・少し面倒ですが、体がポカポカしてきます。継続が大事だと思います。
・職場など冷房がきつい場所では、レッグウオーマーを履いたり、カーディガンを羽織ったり、とにかく直接冷えないようにしました。
・飲み物は温かいものを優先的に。コーヒーは暑い国の飲み物なので体を冷やすと聞きました。やはり日本人はお茶だそうです。ですから、温かいお茶を飲むようにしました。

 

とにかくストレスを感じない方法で冷え性改善を試みることが大切なような気がします。

 

 

規則正しい生活も大切だと思い、夜更かしをしないように気を付けました。朝食も必ず食べるようにしました。

 

排卵日を知ることも大切なので、排卵検査薬も使ってみました。私は、生理からおおよその日にちを換算して使用していました。絶対に正確ではないと思いますが、排卵が近いのかどうか、ちょうど排卵なのかが分かるので便利だと思います。

 

 

運動は元々バドミントンをしていたので、そのまま続けました。これは、無酸素運動で激しいスポーツなのでおすすめというわけではないです。
そのほかに、ウォーキングに挑戦してみました。ウォーキングは、私には向いていたようで、景色を楽しみながら出来るし、肩こりの解消にもなるのでお勧めです。

 

 

基本中の基本だと思うのですが、基礎体温もつけてみました。でも、毎朝必ず計測しないといけないことや、メモをとらないといけないことがストレスに感じてしまい私は長続きしませんでした。計測を忘れてしまったり・・・。今はアプリもあるようなので、基礎体温の管理や排卵もわかりやすく使いやすくなったのではないでしょうか?

 

 

私には、有り難いことに現在3人の子供がいます。一人目はすぐには授かれませんでしたが、二人目、三人目は計画的に授かることが出来ました。一人目の時は、ちょっと子作りを休憩してみよう。と諦めたというと大げさですが、気を抜いた時に妊娠しました。
今でこそ思うことというか、感じることですが、授かりにくい原因はストレスが一番大きいような気がします。ストレス以外にもたくさん要因はあると思いますが、子供が欲しくて、出来ないとやっぱり不安や焦りがつきまとうんです。
子作りを続けていると義務的になってしまい苦痛を感じるようになってくるので、パートナーといろいろと話ができるといいと思います。
また、妊娠することも逆に不安だと思います。経験したことが無いから、分からないことだらけで不安でストレスを感じるし、さらに日ごろのストレスも加わるので、スムーズに妊娠って中々難しいと思います。
相談できる人、経験談を聞けるといいと思います。また、色々試していく中で、ストレスになるようならしないほうがいいのでは?と思います。

 

私が一番お勧めしたいことは、言霊(ことだま)です。日ごろの声掛けです。赤ちゃんがお腹の中に来てくれる!来てくれた!など、イメージをしながら声に出してみるといいと思います。
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、前向きな気持ちになれるので、自然と夫婦で笑顔になれたり、会話のきっかけになったりします。
夫婦が仲良く、愛し合い、その過程で赤ちゃんを授かれたら幸せだと思います。